トチカツスクール
トチカツ相談所
リンク

トチカツスクール

賃貸経営クラス

「不動産業界の常識」確認テスト

「不動産業界の常識」をご覧いただきありがとうございました。
理解度がチェックできる確認テストに、ぜひチャレンジしてみてください。

問題1:ガイドラインによると原状回復に関する説明で間違っているものを一つ選択してください。
A.原状回復とは、賃借人が借りた当時の状態に戻すことである。
B.経年劣化など通常の使用によって、損耗した部分は、オーナーの負担である。
C.ガイドラインは法的な強制力がない。
問題2:原状回復に関するトラブルを未然に防ぐための施策として、間違っているものを一つ選択してください。
A.耐久性の高い内装材を使用することで、損耗を防ぐ。
B.契約時に入居者に住まい方の説明をすることで、綺麗に部屋を使って頂く。
C.日焼けによるクロスの張替え費用も入居者の負担であると契約書に明記する。
問題3:ファンドが賃料を下げないもっとも大きな理由を一つ選択してください。
A.賃料を下げると他の入居者からクレームを言われるから。
B.賃料を下げると収入が減るから。
C.賃料を下げると売却時の価格が下がるから。
問題4:オーナーの気づかない問題点として、間違っているものを一つ選択してください。
A.震災によって、建物が倒壊した場合は、天災であってもオーナーが訴えられて負けるこがある。
B.消防法では、既存の物件における火災警報器の設置義務をオーナーに課していないため、オーナーは設置しなくても問題はない。
C.中高層の最上階でも、ドロボーの被害は発生するので、防犯対策は必要である。
問題5:賃貸契約における保証人と連帯保証人の違いで正しいものを一つ選んでください。
A.契約者が賃料を払わない場合は、保証人の財産を直ちに差し押さえることができる。
B.契約者が賃料を払わない場合にも、連帯保証人の財産を直ちに差し押さえることはできない。
C.契約者が賃料を支払わない場合には、直ちに連帯保証人に請求することができる。
採点する  リセット