トチカツスクール
トチカツ相談所
リンク

トチカツスクール

賃貸市場最新情報クラス

アパート入居者アンケート調査を実施
〜単身男性は「デジタル環境」、意外に高い単身女性の「ペット可」ニーズ〜

近年、仕事やライフスタイルの変化に合わせ、気軽に住み替えられる「積極的賃貸派」が増加傾向にあります。そこで、入居者ニーズを反映した魅力的な賃貸住宅の商品開発を進めることを目的に、定期的なアンケート調査を行っています。今回の調査では、一般的に言われている入居者のアパート決定理由と世帯別に異なる重視項目について確認しました。

人口はピークを越え減少傾向にありますが、晩婚化などによる単身世帯の増加が顕著で、少数世帯化が進み世帯数は伸びています。そのため、今後も世帯別の入居者ニーズに合った質の高い賃貸住宅が求められてくると考えています。

調査結果のポイント

  1. アパート決定理由  詳しくはこちら >>
    • 1位は「家賃」。2位は単身者「交通の便」、ファミリー層「駐車場の確保」
    • 単身者向けは狭さが不満、広い部屋が決め手に
  2. 部屋選びの最重視ポイント  詳しくはこちら >>
    • 「外観」、「性能」より「間取り」(居住空間)、「設備」、「環境」を重視
  3. 世帯別重視項目(単身者が重視する設備・仕様)  詳しくはこちら >>
    • 単身男性は「デジタル環境」に関心、単身女性は「防犯設備」、「サニタリー」を重視
  4. 世帯別重視項目(ファミリー層が重視する設備・仕様)  詳しくはこちら >>
    • 子育て世帯は「安全面」(耐震性)、「健康面」(シックハウス対策)を優先して選択
  5. ペット可のニーズ  詳しくはこちら >>
    • 夫婦・カップルと単身女性に高いニーズ
  6. キッチンのオール電化  詳しくはこちら >>
    • 夫婦・カップル、夫婦と子供世帯では50%が希望

調査概要

【調査対象】
セキスイハイムアパート入居者(首都圏、近畿圏、中部圏、東海圏)
【調査手法】
郵送アンケート形式
【有効回答数】
327人
【調査期間】
2006年11月中旬〜12月初旬