トチカツスクール
トチカツ相談所
リンク

トチカツスクール

相続・遺言クラス

かしこい資産承継のための相続・遺言

住友信託銀行 東京営業部/財務コンサルタント 匝瑳勝美

Question 私は独身で、既に両親は他界しており、兄弟姉妹もいません。
遺言がないままに死亡した場合には、私の財産はどうなりますか?

Answer 遺言がなければ相続人不在となり、財産は最終的に国庫に帰属してしまいます。ただし、遺言があれば、友人や知人、お世話になった方への遺贈、出身大学などへの寄付、お寺への永代供養の為の寄付等の意思を残すことができます。

Question 私の相続人は妻と子供達ですが、自分亡き後、これまで同様の生活を妻に送ってもらいたいと思っています。そこで「全財産を妻に相続させる」といった内容の遺言を残すことはできますか?

Answer できます。しかし、子供達には遺留分がありますので、万一、子供達が遺留分※1の減殺請求※2をした場合には拒めません。
遺言書は相続人間のトラブルを回避する為のものですから、子供達に遺留分見合いの財産を相続させ、残りを奥様に相続させる内容の遺言を書くことをお勧めします。
ただ、奥様に多くの財産を相続させたい理由を付言事項の中で述べていただくことは可能です。

※1 遺留分とは・・・
民法上、法定相続人が当然、取得しているものとして保証されている最低限度の財産(相続財産の一定割合)をいい、被相続人の遺族の生活保障を目的とした制度。

※2 遺留分減殺請求権とは・・・
ある相続人に配分された遺産が、遺留分として保証される額に満たない時には、その相続人は遺留分権利者として、侵された遺留分について受遺者や受贈者に対し被侵害額に相当する財産の返還を求めることが出来る権利。

●出典:住友信託銀行「相続百科 平成19年9月改定版」

Question 私は遺言書の中で「この財産は○○さんへ相続させる」と書きたいのですが、万一、○○さんが私より先に亡くなった場合には、遺言書は書き換えなければなりませんか?

Answer 遺言書を作成替えする必要がありますが、作成替えをしないように手当てをしておくことも出来ます。
万一、○○さんが亡くなった場合には○○さんへ相続させたいと思われたその財産を○○さんの奥様と子供達に遺贈、相続させる等、二次遺言を書かれることをお勧めします。

おすすめクラスをチェック!

「かしこい資産承継のための相続・遺言」をご覧いただいた方へ。以下のクラスもオススメですので、ぜひご覧ください。

資金・税金クラス